南部煎餅の裏

南部煎餅の裏には文字とか絵など模様が彫られています

 

昔は自社製品のアピールや差別化のため各煎餅店によってその図柄が違っていたように思います

 

宇部煎餅店でも名前とか他社にはないような絵が彫られていたのが主流でしたが、最近は「南部煎餅」と漢字できざまれているものに変わってきています

 

全自動南部煎餅焼成機はすべて「南部煎餅」と彫られています

 

また二枚型焼成機はいろいろな図柄が彫られています(なかには何も書かれていないのっぺらぼうも!)

 

食べるとき注意して見てみるのも面白いかもしれません!

 

 

わかりづらいですが、「宇部」と彫ってあります

 

宇部煎餅店で一番古い焼き型で40年ほど前に製造されたものだと思います

全自動南部煎餅焼成機12台稼働しております

その他全自動うす焼き焼成機合計5台、全自動厚焼き南部煎餅焼成機5台稼働しております

南部煎餅業界ではトップの台数だと思います

この機械は二枚型機械と違い、型を直接バーナーで炙って焼きあげる方法です

そのため二枚型機械より手焼きに近い状態に焼きあがります

〒028-0041

岩手県久慈市長内町

35-123-19

TEL0194-75-3100

FAX0194-75-3101